日経平均株価紙数からわかる金融の情勢

投資を行う場合、金融の状況を把握して投資先を考える事が重要になります。では、現在の金融状況を把握するためにはどのような方法があるでしょうか。ここではその方法の1つとして「インデックス」を見るという方法について紹介します。インデックスというのは、株式指数のことで、それぞれのインデックスによって決められた株式における平均株価を示しているものです。これを見ると、全体としてどのような株価傾向があるのかを知ることが出来ます。

例えば日本国内でよく利用されるのが「日経平均株価指数」というものです。単純に日経平均と略して呼ばれることも多いでしょう。これは東証一部上場企業の内、特に主要な企業である225社の証券をピックアップして株価平均を出したものです。これが日本における株価の主軸となり、現在日本の金融状況が世界からみてどのような状況であるのかを知ることが出来ます。

昨今の日経平均株価指数は、リーマンショック直後からするとかなり上がってきています。アベノミクス効果によって世界からも経済面に期待が持たれていることが反映していると言っていいでしょう。これに関係して、失業率が低下するなど、国内の情勢も良くなっていることが見て取れます。より詳しくはこちらをご覧ください。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ