外貨預金におけるリスクはなにか

将来に向けた資金形成を行いたいという場合、世界の金融について知るということが非常に重要なポイントとなってきます。それでは、金融がどのような投資に対して影響を及ぼすことになるのでしょうか。直接的な影響を受けやすいのが、外貨預金と呼ばれるタイプの投資です。では、そもそもこの外貨預金というのが、通常の預金とどのように違っているのかについて説明します。

通常の預金の場合、日本円を日本円のままで預金しておくことになります。この場合は日本円における金利でもって利息が付くことになります。日本円の金利は現在非常に低く設定されているため、これではほとんど増えません。それどころかインフレ率のことを考えると、保有しているお金の価値が下がっていくことになります。これを回避するために行うのが外貨預金です。

外貨預金は日本円を他の国の通貨として保有し、その国に預金をすることを言います。こうすることによって、同じ金額の通貨であっても、現地の金利で利息が付くことになります。日本よりも高い金利を設定している国に預金をしておけば、自動的に利益が出るわけです。しかし、当然ながら現地国のインフレ率によっては価値が下落するため、金融情勢を見ておく必要があります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ