日経225やTOPIX連動型のETFに投資してみる

皆さんはETFをご存知ですか?
ETFとは、上場投資信託の事を指しており、投資信託自体が証券取引所に上場している事で株などの売買同様に証券会社を通して取引を行う事が出来ます。
因みに投資信託とは一般投資家から小口資金を集め、それを国内外の有価証券や金融商品に投資を行い、得られた利益が還元される仕組みの金融商品の事を言います。

日本で取引可能なETFは2種類あると言われており、国内で組成されて国内の金融取引所に上場しているETFと、海外で組成されたETFに大別されています。
日経平均(日経225)やTOPIXに連動しているものをはじめ、外国株や海外株式指数に連動しているもの、特定株式に連動しているもの、金や貴金属に連動している物なども登場しています。

しかし、日本の個人投資家がETFを投資対象にした場合、やはり最も多くの方が投資しているのが日経225に連動しているETFです。
やはり毎日流れているニュースや新聞などでも情報を入手しやすく、馴染みがあるのが一番人気の理由ではないでしょうか。
また、初めてETFに投資を行う場合には日経225やTOPIXに連動しているものが取り掛かりやすいでしょう。日経225連動型ETFには『日経225連動型上場投資信託』や『上場インデックスファンド225』などがあり、TOPIX連動型では『TOPIX連動型上場投資信託』や『上場インデックスファンドTOPIX』などが人気の様です。

数多くある投資商品の中で、今あえてETFに注目が集まっているにはそれなりのメリットがあるのではないかということで、ETFのメリットについてまとめてみたいと思います。
先ずETFの場合個別株への投資を行った際には出来ない分散投資の際のリスクを減らすことが出来、日経225へ分散投資したのと同等のリスク回避を行う事が出来ます。
例えば、上場していない投資信託と比較してみると、投資に必要なコストがグッと低いという点にあります。
特に日経225やTOPIX連動型の場合には、初心者でも情報入手しやすいため、投資のための金融商品を探しているのであれば、ETFもねらい目だと言えます。

くりっく株365と証拠金取引のリスク

くりっく株365というのは完全マーケットメイク方式と呼ばれる方式採用しています。
ここで取引に使われているレートというのは、市場にある複数のマーケットメイカーといわれている金融機関によって提示している価格となっています。
その中から最も安くなっている売りでの価格と最も高くなっている価格で抽出していきます。
これがリアルタイムで推移していき、投資家へと提供されていきます。
仕組みが形成されることによって、それぞれの投資家は最も有利となるマーケットメイカーを見つけ出して、理想的な価格で取引を行っていきます。

そして金利相当額というのは、くりっく株365における買いポジションを所有している場合に活用されます。
投資家が支払っていくとともに、売りポジションを持っている投資家が収益を受取っていきます。
くりっく株365においては買いポジションを保有している場合、株価指数を構成している銘柄で配当が存在していればその都度、株価指数のベースで計算されて配当相当額を決定します。
口座開設を行う時にも紹介されることがありますので、リスクを把握しながら手続きを進めていくようにしましょう。

くりっく株365だけでなく証拠金取引などを行っていく際には色々なリスクを把握しておかなければなりません。
為替変動リスクにおいては24時間変動している状態となっていますが、大半は予想通りに動いていくことがありません。
予想に反して動いていくこともありますが、そこで損をしてしまいます。
初心者でも為替変動リスクというのは把握している人が多いです。
しかし損失の拡大が起こっても売ることがいつでも行えるわけではありません。
そして金利変動リスクも注意しなければなりません。
金利が少なくなっている通貨において、金利が大きい国で通貨を買っていくと、日々一定の金利差を受け取ることができるようになっています。
ただ金利は常に変動していきますので、受け取ることができるスワップポイントが想像以上に少なくなっていることもあります。
注意しながら投資を進めていきましょう。

CFDのシステムを現物取引と比較してみよう

投資を始めようと考えておられる皆さんは既にCFDという言葉を聞いた事があると思います。
CFD=Contracts For Differenceの略で差金決済取引の事を言いますが、FXもこの差金決済の一商品であり、様々なものを売買し、決済時には売買時の差額だけをやり取りする決済方法の事を言います。
このことから、CFDではFX同様に証拠金=保証金を預ける事によって何倍ものレバレッジを掛けて取引を行う事ができます。

では、現物取引とCFD取引の違いについて話をしていきたいと思います。
現物取引で株を例に話を勧めますが、先ずは株を現金で購入する事から始まりますが、CFDでは売りから入ることが可能でいわゆる“空売り”と言われていますが、これは株が値下がりすると予想出来る場合に使用出来る戦略の一つで、売りから入り、実際に値が下がった時点で購入する事で売買の一つのパターンとなります。
通常の株売買であれば行う事が出来ない変化球的な売買取引なので、株初心者やCFD初心者にとっては少しわかりにくいかもしれませんが、慣れてくると株価市場の価格動向に柔軟に対応できる売買スタイルなので、より利益を得られる手段が増える事になります。

では、このCFDを始めるために必要な資金はどのくらい必要なのか疑問を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
取引を始めるために必要な証拠金は売買取引を行う対象商品価格やレバレッジ、取引単位であったり、為替のレートなどによっても実は異なってきます。
海外投資の場合でも現物取引を行う場合にはその国の通貨を保有しており、更に口座を開設する必要がありますが、CFDの場合には同じ取引口座1本で取引を行う事が出来るほか、円からの取引も出来るため、現物取引より自由度が高く、使い勝手も良いと言われています。

また、CFD売買によって掛けられるレバレッジも実は対象商品によって異なっており、個別株の場合はレバレッジは5倍まで、株価指数の場合は10倍、商品の場合は20倍、債権であった場合には50倍となっています。
CFDとは多様化する現在の金融市場において欠かせない必要不可欠な取引方法となっており、今後もますます目が離せない物となる事でしょう。

証券取引に便利なくりっく株365

投資には様々な方法がありますが、その多くが証券を対象にして行われるものとなっています。先物投資の中にはそうではないものも一部含まれていますが、全体から見ると希少でしょう。では、証券取引の対象となる証券にはどのようなものがあるのでしょうか。代表的なものとして、国債、銀行債、社債、株式などがあります。いずれも性質が違っていますが、それぞれの国や会社にとって運営資金となるものを補助する性質があると考えれば良いでしょう。

この中で特にリスクが低いのが国債です。国債については、国が破産しないかぎり、つまりデフォルトを起こさない限りは返済されます。銀行については倒産のリスクがあるものの、通常の社債などに比べるとリスクは低いと言えるでしょう。

こういった証券取引を行う場合、利用することが出来るものとして取引所CFD(Contract for Difference)というものがあります。代表的なものとして、くりっく株365などが挙げられます。くりっく株365は東京金融取引所が提供している取引所CFDで、差金決済取引型の投資が行えるようになっています。ほぼ24時間取引が行えるといったようなメリットがある取引所CFDです。

日経平均株価紙数からわかる金融の情勢

投資を行う場合、金融の状況を把握して投資先を考える事が重要になります。では、現在の金融状況を把握するためにはどのような方法があるでしょうか。ここではその方法の1つとして「インデックス」を見るという方法について紹介します。インデックスというのは、株式指数のことで、それぞれのインデックスによって決められた株式における平均株価を示しているものです。これを見ると、全体としてどのような株価傾向があるのかを知ることが出来ます。

例えば日本国内でよく利用されるのが「日経平均株価指数」というものです。単純に日経平均と略して呼ばれることも多いでしょう。これは東証一部上場企業の内、特に主要な企業である225社の証券をピックアップして株価平均を出したものです。これが日本における株価の主軸となり、現在日本の金融状況が世界からみてどのような状況であるのかを知ることが出来ます。

昨今の日経平均株価指数は、リーマンショック直後からするとかなり上がってきています。アベノミクス効果によって世界からも経済面に期待が持たれていることが反映していると言っていいでしょう。これに関係して、失業率が低下するなど、国内の情勢も良くなっていることが見て取れます。より詳しくはこちらをご覧ください。

外貨預金におけるリスクはなにか

将来に向けた資金形成を行いたいという場合、世界の金融について知るということが非常に重要なポイントとなってきます。それでは、金融がどのような投資に対して影響を及ぼすことになるのでしょうか。直接的な影響を受けやすいのが、外貨預金と呼ばれるタイプの投資です。では、そもそもこの外貨預金というのが、通常の預金とどのように違っているのかについて説明します。

通常の預金の場合、日本円を日本円のままで預金しておくことになります。この場合は日本円における金利でもって利息が付くことになります。日本円の金利は現在非常に低く設定されているため、これではほとんど増えません。それどころかインフレ率のことを考えると、保有しているお金の価値が下がっていくことになります。これを回避するために行うのが外貨預金です。

外貨預金は日本円を他の国の通貨として保有し、その国に預金をすることを言います。こうすることによって、同じ金額の通貨であっても、現地の金利で利息が付くことになります。日本よりも高い金利を設定している国に預金をしておけば、自動的に利益が出るわけです。しかし、当然ながら現地国のインフレ率によっては価値が下落するため、金融情勢を見ておく必要があります。

リスクの説明をしっかりしてくれるかどうか

投資を行う場合、どこの証券会社を利用するのか、ということが重要なポイントとなります。この際、証券会社を決めるきっかけとなることはなんでしょうか。重要なポイントとなるのが、その会社が「信頼できる会社」であるということです。中には半ば騙すような形で、リスクをあまり説明せず、良い所ばかりを説明して取引をしようとしてくる会社も存在しています。

証券取引法違反ではあるのですが、そういった知識がない人にとっては鵜呑みにしてしまうこともあるでしょう。投資において、リスクがない投資というのは存在していません。そのことを念頭に置き、しっかりとリスクについて説明を行ってくれるかどうかを重要なポイントとするのが良いでしょう。

例えばくりっく株365を利用するというのは良い選択肢の1つとなります。ここでは様々な投資についてのリスクについて事前に説明が行われており、それに納得した上で投資を行うことが出来るようになっています。例えば日経平均以外にもDAXなどのインデックスを見ることが出来るようになっていますが、それぞれのインデックスにおけるリスクについてまでしっかりと説明が行われています。初心者でも安心して利用することが出来るでしょう。

証拠金取引が利用できるくりっく株365

国債や社債など、債券は良く投資の対象となります。これらを投資対象とする場合、より便利に投資が出来るツールを持っていることが重要になるでしょう。国債についてはともかく、社債については値動きが大きいものもあるため、狙った時に狙ったものを購入出来るということが重要になってくるためです。そこでここでは、社債投資にも利用することが出来る投資ツールの1つとして、くりっく株365について紹介します。

くりっく株365はインヴァスト証券によって運営される、東京金融取引所による取引所CFDです。元々はくりっく365という名前で取引所為替証拠金取引のためのツールとして利用されてきました。このノウハウを活かして証券取引用にリリースされたのがくりっく株365ということになります。この投資の方法の特徴となっているのが、現物を保有せず、差金決済で取引を行うということです。つまり、先物投資形式になるということです。

証拠金を担保にした投資が行えるために、FX投資と同じようにレバレッジを掛けた投資が行えるようになっているのも特徴の1つです。これによって、自分が持っている以上のお金で投資を行うことが出来るようになっています。